2013年09月25日

秋季大会終了 〜苦しんだ1ヶ月半〜

予選リーグを7戦連勝で迎えた最終戦
予告通り先発投手を任され 全勝で決勝トーナメント進出を決めたかった
けど・・・
完全に自爆 どうしようもないほどの結果に親子で落胆
きっとチームのみんなも がっかりだったと思う

DSC02397.jpg

この大会が始まってからは
打てない 投げれない 思うようにいかない
と 悩み 考える日々が続きました

DSC02358.jpg

強い相手に メチャメチャ緊張したと言う凛太朗くん
そんなに 投げれなくなるほど緊張するのか?
本当に ガラスのハートの持ち主だ 
本当に弱い

まぁその結果に本人が一番落ち込んでいるのですが
悩め 悩め と思う反面 
がんばれ がんばれ と祈ってました
本当に親子で落ち込んだ最終戦でしたが
チームは決勝トーナメント出場を決めました
念願の決勝トーナメント行き
もう一度 気持ちを切り替えて 挑まなければ
やるしかありません


1週間後


決勝トーナメント1回戦を迎えました
悔いを残したくないという気持ちから 本気で向かっていく姿が見られ
ベンチにも緊張の空気が流れていました

DSC02413.jpg

試合は1点を争う緊迫ゲームとなり
集中を切らした方が負けるという 苦しい試合展開
見ているほうは 苦しくて苦しくて 祈るしかできません
必死に戦う子どもたちの姿に 心打たれました

DSC02419.jpg

残念ながら結果は負けてしまいました
一生懸命戦った結果なので 仕方ありません 
でも 悔しい・・・ 悔しい・・・ と何度も思ったと思います
これで終わってしまうことが本当に残念
何か得たものはあると思いますが 今はまだ残念の気持ちでいっぱいです

そして 不完全燃焼の凛太朗くん

この1ヵ月半の間 本当に親子で悩みました
「神様は見ている」 という言葉を信じ
練習に取り組みましたが 落ち込む場面が多かった
お母さんも考えました
一緒に走ったり キャッチボールしたり ティをしたり
いつでも付き合うけど
お母さん お母さんと言わず 一人でできることを考えて!
と少々突き放してみたりなど
うちには父ちゃんがいないから お母さんも一人で考えなければいけません
どうしたらいいのか? 何かしてあげられることはあるか?
何て言ってあげたらいいんだろう?
色々悩みました
この試合を見ていても思いました
どのチームもみんなお父さんが熱心で 一生懸命されています
でもお母さんは どうしたらいいかわからなかった
最後まで悩みました

試合後は 2人で大会を振り返って話をしてみました
少年野球が終わってしまうことなども
そして お母さんが言えることは

「これから あなたが 何を目標とし どうしたいか 何がしたいかは 自分で決めろ」

ということだけでした
凛太朗くんの返事は 「わかった」 でした

はい秋季大会終了
なんだか苦しい期間でしたが これをバネにして
がんばってほしいと思います
がんばってと祈るだけです
親は 頑張れ!! って応援するしかできないですね〜〜〜

ガンバレ!! 凛太朗!!!!

DSC02406.jpg






posted by りんりん at 21:53| 三重 ☁| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。